横浜中華街(よこはまちゅうかがい)

日本には三つの大きな中華街があります。

長崎、神戸、そして一番大きな中華街は横浜にあります。
今日は神奈川県にある横浜中華街をご紹介しましょう!

yokohamachuukagai

P5070382


【横浜中華街の特徴は?】

横浜中華街は日本で一番大きな中華街ですが、実はアジアで最も大きな中華街でもあります。
中華街といっても、現在ここに住んでいる中国人は多くないそうですよ。
それでもやはり中華風の看板や店舗、門などが多く、訪れると中国に来たような気分になります。

中華街の中心には関帝廟(かんていびょう)という寺院があります。
ここでは商業の発展を願って、三国志に有名な関羽などの関帝(関羽、関聖帝君、関帝聖君)が祀られています。

また横浜中華街では数々のイベントが催されます。
なかでも一番大きなイベントは、旧暦のお正月に催される春節のお祭りです。
このシーズンは横浜中華街もいつも以上の賑わいを見せるそうですよ。

横浜中華街のイベントについての詳細は公式サイトをご覧ください。(http://www.chinatown.or.jp/


【横浜中華街への行き方は?】

横浜中華街は横浜市内はもちろん、東京や関東各地から行きやすい立地になります。

詳細はここをクリック


【横浜中華街を訪ねてみた感想】

P5070408

横浜中華街は横浜みなとみらい21エリアに近く、みなとみらい駅から歩いて向かいました。
中華街の入り口には大きな門があります。
この門をくぐるとすぐに中国の雰囲気に包まれました。
まるでもう日本に自分がいないような、不思議な感じがします。

横浜中華街は観光地として栄えているため、道はとても賑わっていました。
グルメ好きに高く評価されているレストランが多くあり、お客さんの列ができている店も少なくありません。
私が訪れた中華レストランも、料理がとても美味しかったです!
ランチタイムはメニューのボリュームも多く、値段もお得なので大変おススメです!!
レストラン以外にも、お土産の店やマッサージの店が軒を連ねていました。

また横浜中華街のとある区画では日中交流のイベントで、音楽やダンスが披露されていました。
海外から取材陣も来ており、とても活気のある一日でしたよ!

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください