preloder

*

上高地(かみこうち)

Date: Updated:2018/01/11 日本語 ,

綺麗な空気の中、自然と触れ合いつつ運動ができたら最高に気持ちが良いですよね!
今回はそんな気持ちの良い週末を過ごすのにうってつけな場所、長野県の上高地をご紹介します。

S

 

【上高地の特徴は?】

上高地は標高1500mの山岳地です。
場所は長野県の北アルプスの中心、中部山岳国立公園にあります。
周囲には梓川(あずさがわ)、また標高が3000m前後の西穂高岳(にしほたかだけ)や奥穂高岳(おくほたかだけ)、前穂高岳(まえほたかだけ)などに囲まれています。

上高地は自動車の出入りに制限がかけられているので、バスやタクシーを利用しないとアクセスできません。
少し不便かもせれませんが、そのぶん環境保護が徹底されているので密度の濃い自然に触れることができるのです。

上高地はハイキングや写真撮影などを楽しみに訪れる方がたくさんいます。
初夏にかけては豊かな高山植物が見られ、10月中旬くらいからは紅葉もとても綺麗です。
お盆や紅葉シーズンは特に混雑しているかもしれません。
また、上高地ではハイキングコースがいくつも整備されており、その時の自分に合ったコースを楽しむことが可能です。
ただ、奥へ進めば進むほど道が険しくなっていくので、少しハードなハイキングをしたい方は入念な準備が必要でしょう。

SONY DSC

それから上高地は春から秋にかけてのみ入山ができます
訪れる際はウェブサイトなどで下調べをしてから行きましょう。
例年では、4月中旬から11月中旬くらいまで入山が可能です。

 

【上高地への行き方は?】

アクセスはこちらです。

 

【上高地を訪ねてみた感想】

上高地を訪れたのは8月でした。
お盆の直前でしたが、幸いにもそれほど混んではいなかったと思います。
天気がとても良く、青空と山の緑のコントラストがきれいでした。
もし5月や6月に行くとすれば、おそらく周囲の高い山々は白いかもしれません。
私が訪れた8月でも、周囲の山の山頂付近には少し雪が残っていました。

バスから降りてすぐの場所に、レストランやお土産ショップがありました。
ここから一番近い見どころは河童橋(かっぱばし)という吊り橋です。
橋のすぐ手前にはビジターセンターもあり、上高地の特徴や自然のことについて学べるようになっていました。
上高地の地図やパンフレットもここで入手できます。

川の両サイドに遊歩道が整備されているので、まずは河童橋を渡らずに歩いていきました。
途中にはテントを貼ってキャンプをしている人たちも見られました。
確かテントはレンタルすることも可能だったはずです。
上高地は野生動物も多く生息しており、歩いていると木の上にも見かけました。

しばらく歩いた後は明神橋という橋を渡りました。
その先には神田明神(かんだみょうじん)という神社があり、その近くのお店で昼食のお蕎麦を食べました。
お店の外にあるテーブルで食事をしたのですが、辺りには自然が多く、空気もきれいで食事がとても美味しかったです。

昼食の後は再び川に沿って折り返し、しばらく歩くと竹沢という場所に出ました。
ここは特に気に入ったスポットです。
沢の水面はあまり動かず静かで、まるで自然が息を止めているようでした。
そのまま少し歩いていくと、遠くに穂高岳(ほたかだけ)の雄大な姿も見えました。

上高地は以前からずっと行きたかった場所でした。
そのため、今回この場所を訪れることができて本当によかったと思います。
きれいな空気や、手つかずの自然を肌身に感じられた一日でした。

Related Post

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Adsense

草津温泉(くさつおんせん)

群馬県と言えば温泉! 今回の記事では群馬県、そして日本の温泉街を代表

斎場御嶽(せーふぁうたき)

沖縄は、日本国の沖縄県になる前に琉球王国が支配していました。現在もその

彦根 – ひこね

今回は琵琶湖の東部にある都市、彦根の観光スポットをご紹介します!

More...

shares
PAGE TOP ↑