*

小樽 – おたる

Date: Updated:2017/02/18 日本語 , , ,

北海道にはヨーロッパの風情が味わえる港町があります。
札幌から電車でおよそ30分、今回は小樽をご紹介します!

SONY DSC

SONY DSC

 Otaru

【小樽の特徴は?】

港町の小樽にはたくさんの見どころがあります。
中でもオススメは運河エリアです!
運河は昔のままの姿で綺麗に保存され、運河沿いにはレンガ造りの倉庫が並んでいます。
これらの倉庫はレストランや博物館、お土産屋さんになっていたりします。
運河沿いは歩道も整備されており、アーティストが作品を展示している姿も見られます。
また、昼と夜では運河の景観も変わります。
夜はガス灯が点灯し、とてもロマンチックな雰囲気です。
さらに雪の積もる冬の景観も大変美しいです。

 

SONY DSC

運河の東側には境町通り(さかいまちどおり)があります。
この道沿いには昔の商人の屋敷が残っています。
小樽は開拓時代にとても栄えた港町です。
多くの会社がこの街に本社を置いていました。
西洋風の建築様式の建物が多く、その一つに日本銀行が挙げられます。
現在は日本銀行博物館として訪れることができますよ。
それからオルゴール堂もオススメです。
ここには可愛いオルゴールがたくさんあり、お土産販売もしています。
小樽の人気スポットです!
近隣にはガラス細工のお店も多く見られます。

 

SONY DSC

運河の西側には重要文化財の旧日本郵船(きゅうにほんゆうせん)株式会社の建物があります。
広場にはきれいな噴水があり、西洋式の館内は博物館になっています。
旧日本郵船株式会社の近くには、小樽市総合博物館(おたるしそうごうはくぶつかん)があります。
本館は特に鉄道を中心にした博物館で、小樽や北海道の歴史について紹介しています。
博物館の外ではたくさんの列車がみられ、SL列車への乗車体験もできますよ。

SONY DSC

小樽水族館もオススメです。
冬に訪れると、ペンギンたちのお散歩が見られますよ!

 

 

【小樽への行き方】

アクセスについて、ここをクリックしてください!

 

【小樽を訪ねてみた感想】

札幌から小樽へ電車で行くと、途中から日本海が見渡せました。
小樽の駅舎は時代を感じさせるレトロな建築様式です。
天井は高く、窓も多くて広々とした空間でした。


小樽駅を出て中央通りを下っていくと、道沿いに何軒かの西洋館が見られました。
途中には都通り(みやこどおり)という商店街があるのですが、この商店街には人気の洋菓子屋さんがあるそうです。
さらに中央通りを進んでいくと、道の途中に遊歩道になっている廃線が見られました。
この路線は昔札幌と小樽を結んでいた手宮線(てみやせん)です。

SONY DSC

 


中央通りは運河へと突きあたります。
ここは観光客が多く、お店も賑わっています。
私はここで海鮮料理を食べました。
さすが港町小樽、絶品です!
小樽で食事をするのであれば、小樽出抜小路(おたるでぬきこじ)と呼ばれる、明治から昭和時代をイメージとした屋台村もあります。
屋台村の中にはお店が13軒ほどあり、ここでも小樽の美味しい料理が楽しめますよ!

SONY DSC


運河観光のあとは堺町通を散歩しました。
すると途中の北一ヴェネチア美術館に目を引かれたので入館。
館内には大小様々なガラス作品がたくさん展示されていました。
どの作品も大変繊細で、思わず時間を忘れて見入りました。

堺町通はメルヘン交差点場所まで続きます。
この交差点広場の周辺は、西洋式の建物が多く、まるでヨーロッパにいる様に感じられました。
そしてオルゴール堂もこの交差点にあります。
お店の中は様々なオルゴールが展示され、好きなオルゴールを気に入った入れ物にはめて、オリジナルオルゴールにカスタマイズして購入できます。
お土産にピッタリだと思いました!

SONY DSC

Related Post

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Adsense

石垣島 (いしがきじま)

「夏だ!海だ!」 この言葉を聞くと、すぐに沖

鋸山(のこぎりやま)

今回は千葉県の素晴らしいパワースポットの一つを紹介しますよ! その名

登別温泉 – のぼりべつおんせん

日本の伝統の代名詞の1つに温泉があります。 日本の古今東西に温泉街は

More...

shares
PAGE TOP ↑