宮島 – みやじま

これまでにも本サイトでご紹介してきましたが、日本には素敵な景観を持つ場所がいくつもありますね。

そんな素敵な景観ベスト3として、江戸時代から日本三景と呼ばれる場所があります。

今回は日本三景の1つ、広島県の宮島をご紹介します!

Miyajia

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

【宮島の特徴は?】

宮島の正式名称は厳島(いつくしま)といいますが、宮島という呼び方が最も普及してきました。

宮島は広島県の西側にある島で、宮城県の松島海岸と京都府の天橋立に並ぶ、日本三景の一つになっています。

 

特に大きな鳥居は宮島のシンボルです。

この鳥居は奈良の大仏とほぼ同じ高さ16m、そして重量は約60tあるそうです。

満潮の時は瀬戸内海に浮かんでおり、引き潮の時は土台のところまで歩いて行けます。

日没に太陽がこの大きい鳥居の間から姿を覗かせる様子は、とても幻想的です。

DSCF8765

鳥居の近くには厳島神社(いつくしまじんじゃ)があります。

満潮時はこちらの神社にも水面が広がります。

他に例が少ない独創性を持つ神社です。

背景にそびえる弥山(みせん)の緑と、瀬戸内海とのコントラストは本当に美しいです。

DSCF8782

フェリーターミナルから厳島神社までは、お土産屋さんやレストランなどのお店が並びます。

中でもソフトクリーム牡蠣(かき)は宮島で人気です!

宮島に着いたら可愛い鹿たちも歓迎してくれるかもしれません。

鹿せんべいも売っていますよ。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

宮島は厳島神社だけではなく、弥山(みせん)という山もあります。

山頂まではロープウェイで行くこともでき、ここから宮島周辺や瀬戸内海の素晴らしい風景を一望できます。

ロープウェイ以外にもハイキングトレールで山頂まで行けますよ。

ハイキングトレールは紅葉谷(もみちだに)、大書院(だいしょいん)、尾本(おもと)という三つのルートがあります。

【宮島への行き方】

宮島へのアクセスは、ここをクリックください!

【宮島を訪ねてみた感想】

宮島へ春と夏に訪れました。

フェリーは十数分ほどで宮島に到着します。

船に揺られている間、デッキから外の景色を眺めて過ごすのがお気に入りです。

厳島神社の朱塗りの鳥居は海からでも見えます。

船が宮島に近づき、鳥居が次第に大きくなるのが面白いです。

 

宮島に到着しターミナルを出ると、すぐに可愛らしい鹿たちが迎えてくれました。

鹿が自由に歩いていることで有名なのが奈良ですが、ここ宮島では海の近くて鹿が見られるので不思議に感じました。

フェリーターミナルから厳島神社の入口までは、歩いておよそ10分かかります。

その間ずっと鹿たちがそばにいたので、とても楽しい散歩でした。

道から眺められる海は、季節や時間帯により毎回変わった雰囲気が味わえます。

潮が高いときは、鳥居の映る水面かとても印象的でした。

DSCF2003

厳島神社の前の坂道の先には上豊臣秀吉が建てた千畳閣(せんじょうかく)という木造の建物があります。

正式名称は豊国神社(ほうこくじんじゃ)ですが、広々とした室内を表すために、千畳閣と呼ばれるようになったそうです。

近くにはきれいな五重塔もあります。

春に訪れた際には、桜が白やピンクに咲き誇り、まる絵葉書のように綺麗でした。

厳島神社の中は、建物間が橋で結ばれています。

その橋をのんびりと歩きつつ、神社全体の雰囲気を楽しみました。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

厳島神社の先にはハイキングコースがあります。

しばらく登っていくと広く神社が見晴らせました。

夕方まで宮島に滞在した際には、鳥居の後ろに沈む夕日を見ることができました。

オレンジと赤に染まる雲が、穏やかな海に鳥居と一緒に映えていました。

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください