*

渡嘉敷島 > アクセス

Date: Updated:2017/07/20 日本語

記事へ戻る>

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

まずは沖縄までは行く必要があります。
九州からはフェリーも数便出ていますが、飛行機が便利でしょう。
那覇空港は日本の主要空港(特に成田、羽田、関空、伊丹、中部セントレア、札幌、福岡など)と直行便で結ばれています。

那覇空港からは那覇港の泊埠頭(とまりふとう)を目指します。
空港からバスが出ているので、こちらを利用するのがよいでしょう。
バスに乗ったら泊高橋(とまりたかはし)バス停で下車し、徒歩1分で泊埠頭のフェリー乗り場につけます。

また、空港からはユーレイル(那覇のモノレール)も利用できます。特にすでに那覇市内に宿泊されている方には便利です!
ユーレイルでは見栄橋駅(みえばしえき)で下車し、徒歩1分でフェリー乗り場につけます。

 

SONY DSC

 

フェリー乗り場からは、「フェリーとかしき」と「マリンライナーとかしき」が泊埠頭と渡嘉敷港を結びます。
「フェリーとかしき」は1日に往復1便あり、所要時間は約70分です。
「マリンライナーとかしき」は高速フェリーで一日に往復2便(シーズンにより3便)あります。
所要時間は約35分です。
(詳細:http://tinyurl.com/k72bvjz

渡嘉敷港からは各宿泊施設の送迎車に乗れますが、宿を予約する際には送迎車について確認しましょう。
また、渡嘉敷島では「とかしき観光バス」も運行されています。
(詳細:http://tinyurl.com/l5knz5g

 

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Adsense

彦根 – ひこね

https://www.youtube.com/watch?v=duy

石垣島 (いしがきじま)

「夏だ!海だ!」 この言葉を聞くと、すぐに沖

鋸山(のこぎりやま)

今回は千葉県の素晴らしいパワースポットの一つを紹介しますよ! その名

More...

shares
PAGE TOP ↑