桜島 > アクセス

記事へ戻る


飛行機

鹿児島は九州の一番南にあるため、東京など東日本から行く場合は飛行機がもっともアクセスが楽です。

鹿児島空港から市街地まではバスが出ていますよ。運賃はおよそ1200円です。

また、レンタカーももちろんあります。

新幹線

大阪など西日本からのアクセスには新幹線でのアクセスも選択肢に入ります。

大阪から鹿児島中央駅までは、乗換なしの新幹線「みずほ」で4時間半ほどです。

片道乗車券はおよそ2万2千円です。

九州からの鹿児島までのアクセスには、飛行機よりも新幹線の利用が便利です。

博多駅からは100分ほどの所要時間で、運賃はおよそ1万円です。

 もし新幹線を往復使うのであれば「2枚切符」という割引サービスもあります。

このサービスを利用するには、復路の日にち1ヶ月以内にする必要があります。

高速バス

大阪などの都市部からは、鹿児島までの高速バスも出ています。

運賃は費用が安く抑えられ、朝到着の便であれば早い時間から鹿児島観光できることなどが利点でしょう。

 

九州の福岡から鹿児島までのバスであれば、所要時間は4時間ほどです。

便の本数も多く、時間帯によっては1時間に2本出ています。

また福岡からも夜行便があります。

 

以上は各方面から鹿児島市までの行き方をご紹介しました。

肝心の桜島へはフェリーで向かいます

鹿児島中央駅前から路面電車が出ているので、これを利用し「桜島さんばし」停留所まで行きましょう。

「桜島さんばし」の近くにフェリー乗り場があるので、ここから桜島へ向かうフェリーに乗船します。

 

レンタカーの旅

私は2017年末にまた鹿児島県を訪れました。今回は空港で車をピックアップして、まず大隅半島に向かいました。

後日、それぞれ訪れた場所について書きたいと思いますが、モデルプランの参考として、佐多岬を訪れた後、ちょっと北に戻り、

薩摩半島へ鹿児島湾を渡ることが出来ます。2泊三日で鹿児島県を一周することが出来ます。

このようなルートでした:

鹿児島空港→桜島の「裏」→垂水→佐多岬→フェリー→指宿→知覧→鹿児島→霧島神宮→鹿児島空港

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください