*

中尊寺 (ちゅうそんじ)

Date: 日本語 , ,

平泉へ戻る

毛越寺の後は中尊寺へ向かうバスに乗りました。
日本人の他、海外の方も乗車していました。

降車したバス停からは、中尊寺まで月見坂(つきみざか)と呼ばれる参道を少し歩きます。
道の両側には、江戸時代に植樹されたという杉並木が続いていました。
大きく育った杉並木を歩いていると、まるでタイムトンネルを通っている様な錯覚を感じます。

月見坂を進むと本堂のある場所に辿り着きました。
本堂は1909年に再建された立派な木造建築で、中には釈迦如来の像が安置されています。

さらに杉並木を先へ進むと、いよいよ金色堂が見えてきました。
建物へ導く石段と杉並木、そしてその先に見える金色堂の景色はとても神秘的でした。

建物の中は撮影禁止なので、写真は公式サイト(ここをクリック)から引用させて頂きます。

中尊寺の境内は広く、森の中の静かな寺社をいろいろと巡るのはとても楽しかったです。
世界遺産に登録され、平泉の人気はこれからますます高まっていくことと思います。

Related Post

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Adsense

中尊寺 (ちゅうそんじ)

平泉へ戻る 毛越寺の後は中尊寺へ向かうバスに乗りました。 日本人の他、海外の方も乗車していました。 降車したバス停からは、中尊

十二湖 – (じゅうにこ)

青森県。 地名を聞けば、大自然を連想しませんか? 私たちは本州最北のこの地に足を運ぶ度にこう感じます! 今回は青森県西部にある世界

荒平天神(あらひらてんじん)

鹿児島県の東側にある大隅半島にはいくつかのマイナーな観光地が点在しています。 中でも一番有名なのは日本本土の最南端の佐多岬です。 今回は

More...

shares
PAGE TOP ↑