等々力渓谷

等々力渓谷と聞くと、なんとなく都会から離れた、癒される自然の場所を思い浮かべるかもしれませんね。

でも実は、この休息地の場所は都内にあって渋谷駅からたったの15分しか離れていないんです!

さて、どんなところか気になってきましたか??

等々力渓谷ってどんなところ?

等々力渓谷は整備がされた全長1500メートルぐらいの緑地で、東急大井町線の等々力駅から玉川までのルートです。
谷沢川という小川の周囲には自然植物が茂っています。

フラワーパークや日本庭園のように花や樹木へ人の手があまり入っていないので、ここはまさに東京から何十キロも離れたところにワープしてきたような雰囲気が味わえますよ!

等々力駅から3分ほど歩いたところから等々力渓谷の入り口が見えてきます。

ゴルフ橋という橋の横には下へ下る遊歩道がありますよ。
この時点から、ここは一般的な公園ではないと感じるかもしれません。

とにかく緑が深くてジャングルっぽいです。
谷沢川の穏やかな水音や鳥のさえずりが聞こえます。

遊歩道を15メートルほど下っていくと、すぐに涼しさを感じることでしょう。
この辺りは地上よりも2、3度くらい涼しいので、特につらい猛暑の季節には等々力渓谷への散歩がおススメです!

通勤通学やワンちゃんとのお散歩など、近隣住民の方たちもよくこの場所を利用しています。

散策の後半でぜひ足を運んでほしい場所が2か所あります。

一つ目の場所は橋の近くにある稲荷大明神です。

そばには不動の滝という涼しげな滝があって、流水の勢いは弱めですが周りにモコモコとした苔がいっぱい生えています!

この裏、とても急な石段があります。捻った巨樹や根っこの間を通りながら、等々力不動尊にたどり着きます。
今回のお寺は間違いなく規模が大きく、本殿の隣にお茶や和菓子も楽しめる茶屋もあります。

最後に、もう一回降りると小さな日本庭園があります。大き目の竹の葉っぱが、風に揺らわれて、気持ちがよかったです。

周辺の様子

この後、基本的に散策道が住宅街に溶け込むので、もう一回駅に向かって引き返すか、玉川方面に向かって散策を続けられます。この場合は、道が少しわかりづらくなりますが、そのうちに二子玉川駅の辺にたどり着きます。

この地域の住宅ですが、見た目だけで、なかなか富裕層です。大き目の庭もあって、良く外車も見受けられます。

二子玉川は、等々力渓谷と全く違う雰囲気で、洗練されたデザインのタワーマンション、巨大なショッピングセンターやしゃれたお店がたくさんあります。そのなかで、よく時間を過ごすのが好きなのは、蔦屋×エレクトリカというコラボ店です。いつもの有名な本屋さんに、ちょっと珍しい電気製品や家電があります。あちこちゆったり座れるソファもあり、中にカフェもあったりして、好きな本屋雑誌を読みながら寛げる空間になります!

いかがでしたか?等々力渓谷、そして二子玉川、いつもとちょっと違う休日の過ごし方としておススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください