さっぽろ雪まつり

「冬は寒いし外へ行きたくなーい!」

「クリスマスが終わったら冬のイベントって思いつかないよねー」

冬になると全国のあちらこちらからそんな声も聞こえてきそうですが、
冬の季節を代表するイベントが北海道でありますよ!
その名もさっぽろ雪まつり

実は秋田や長野など日本各地の雪国では「かまくら祭り」など冬ならではのイベントをやっています。

今回はそんな雪国から北海道をピックアップしてみました!

さっぽろ雪まつりの特徴は?

さっぽろ雪まつりは毎年2月の上旬に札幌市で開催されるお祭りです。

祭りのメインは雪像や氷像ですが、お祭りの期間中はスキーやスノーボードのジャンプなどのイベントが行われ、多くの屋台も出ています。

みんなが遊べるスケートリンクもありますよ!

そして2019年は近年話題のプロジェクションマッピングも見られそうです‼

さっぽろ雪まつりはとにかく規模が大きなお祭りです。

雪像造りやジャンプ台の建設には自衛隊が協力し、開催地の場所は広大な大通公園やすすきのなどが利用されています。

展示される雪像や氷像造りは海外のアーティストも参加しており、さっぽろ雪まつり開催期間中には世界中から200万人以上の人々が訪れるんですよ!

さっぽろ雪まつりへのアクセス

さっぽろ雪まつりの会場は大通り公園にあります。詳しくはここをクリック!

さっぽろ雪まつりを訪れてみた感想は?

北海道に住んでいたことがあるので、さっぽろ雪まつりには今までに何度か訪れました。

海外からいらっしゃる方の多さは印象的で、雪像が多く展示される大通会場では交通整理のスタッフさんが来場者を順路に沿って誘導してくれていましたよ。

屋台から美味しそうな匂いもしてきます。

昼間はもちろん賑やかですが、夜になるとスノーボードジャンプや雪像ライトアップも始まるので会場はいっそう盛り上がりました!

私が訪れたおすすめの場所は大通公園にあるテレビ塔の展望室です!

ここからは大通公園の先まで続く雪まつりの会場が一望でき、特に夜のライトアップの時間はとてもきれいな光景が見られます‼

さっぽろ雪まつりは大通公園やすすきの、つどーむ(スポーツ交流施設)などで開催されますが、私は大通公園の雪まつりしか行ったことがありませんでした。
私が住んでいた頃よりも、近年はお祭りの規模が大きくなっているように感じます。

次の機会にはぜひ、すすきの会場やつどーむ会場も訪れてみたいと思います。

さっぽろ雪まつりは朝から夜まで楽しめるイベントですよ!

期間限定のイベントですが、ぜひ一度雪まつりのシーズンに札幌へ足を運んでみてくださいねー‼

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください