*

五色沼(ごしきぬま)

Date: Updated:2017/11/16 日本語 ,

福島県の西部にとても美しい青色の沼があります。
今回は会津エリアにある五色沼(ごしきぬま)を紹介しますよ!

goshikinuma

SONY DSC

【五色沼の特徴は?】

五色沼は裏磐梯高原(うらばんだいこうげん)にあります。
正式名称は五色沼湖沼群と呼ばれ、毘沙門沼(びしゃもんぬま)、赤沼(あかぬま)、深泥沼(みどろぬま)、弁天沼(べんてんぬま)、瑠璃沼(るりぬま)、青沼(あおぬま)と柳沼(やなぎぬま)など複数の沼の総称です。
そして名前からも推測できるように、五色沼は色とりどりの美しい沼の集まりです。
どうしてそれぞれの沼に色の違いがあるのか気になりますよね?
この色の違いは、各沼の沈殿物の色や水中を漂う微粒子の大きさの違いによって生じています。

SONY DSC

五色沼観光は沼の近くに整備されている遊歩道を歩きながらできます。
遊歩道沿いにある沼を見てまわるのにはおよそ1時間かかりますが、道はほとんど平らなので歩きやすいです。
五色沼の中で一番大きな毘沙門沼では、小さなボートを借りることもできますよ!

また、裏磐梯は紅葉がとても綺麗なエリアです。
標高によって木々が様々な色合いを見せてくれるので、紅葉シーズンは見応えがあること間違いなしです!

【五色沼への行き方は?】

行き方について、ここをクリック

【五色沼を訪ねてみた感想】

SONY DSC

五色沼へは6月に訪れました。
猪苗代駅でに着いてから15分ほど待ってバスに乗車したのですが、このときバスの車窓から見えた景色が最初の印象として残っています。
季節は初夏で、辺りの木々には綺麗な緑が映えていました。
駅から裏磐梯高原までは標高差があるため、乗車したバスは多くのカーブを越えて走りました。

五色沼入口というバス停で下車すると、近くには自然ビジターセンターがありました。
その中には磐梯山の環境に関する資料もそろっており、そこで色の違う五色沼の秘密も知ることができました。

SONY DSC

そしていよいよ、遊歩道を歩きながらの五色沼観光!
それぞれの沼の特徴的な色彩と、しんと静まる辺りの静寂がとても神秘的でした。

五色沼は自然鑑賞や簡単なハイキング、ボートへの乗船などができ、お子さんやお年寄りも楽しめるスポットです。
さらに、夏に訪れれば新緑が、秋に訪れれば紅葉が私たちを出迎えてくれます。
このシーズンの五色沼観光は特におススメですよ!

Related Post

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Google Adsense

鎌倉 (かまくら)

太平洋に臨む神奈川県の鎌倉は、1180年ごろからおよそ150年間、鎌倉幕府として日本の中心地でした。 現代でもこの時代の面影が非常に濃く残

中尊寺 (ちゅうそんじ)

平泉へ戻る 毛越寺の後は中尊寺へ向かうバスに乗りました。 日本人の他、海外の方も乗車していました。 降車したバス停からは、中尊

十二湖 – (じゅうにこ)

青森県。 地名を聞けば、大自然を連想しませんか? 私たちは本州最北のこの地に足を運ぶ度にこう感じます! 今回は青森県西部にある世界

More...

shares
PAGE TOP ↑