I luoghi più magici del Giappone, con un occhio di riguardo verso le bellezze nascoste di questo Paese!
 
懐古園 (かいこえん)

懐古園 (かいこえん)

長野県の代表的なリゾート地といえば軽井沢を思い浮かべる方は多いですよね。
しかし長野には、小さいけれど魅力の詰まった町がたくさんあるんです!

そこで今回は、そんな魅力的な町の一つである小諸市の中から懐古園(かいこえん)をご紹介しますよ!

【懐古園の特徴は?】

その昔、今の小諸市は小諸藩の城下町でした。

そのため現在でも歴史のある建物などが多く残っているんです。

小諸は城下町だったのですが残念ながら今はもうお城が残っていません…。

しかしその面影は懐古園で見ることができますよ!

 

懐古園では小諸城の城壁や橋などが残っています。

緑もいっぱいあって癒やしのスポットでもあるんです。

公園中心部の懐古神社からは、いくつもの遊歩道も敷かれています。

南側はちょっとした見晴台になっているのでオススメですよ!

そのほか懐古園には文学作家の島崎藤村記念館や、画家の小山敬三美術館なども併設されております。

 

それから懐古園の中には小さな動物園​まであるんです。

様々な鳥たち、鹿やペンギン、さらには熊にライオンまで、飼育されています!

 

懐古園の外になりますが、鉄道をはさんで懐古園の反対側には大手門​という巨大な門があります。

ここはまだ小諸城があった頃の名残です。

この近くには城下町の雰囲気を彷彿させる建物も多いんです!

【懐古園への行き方】

小諸は長野県東部の街です。

関東から比較的アクセスしやすい場所ですよ!

 

東京、埼玉、群馬と長野市からは、まずは長野新幹線で佐久平(さくだいら)駅まで行きましょう。

この駅からは小海(こうみ)線に乗り換え、終点の小諸駅で降ります。

西日本からアクセスする場合には、名古屋駅から特急「しなの」に乗って松本・長野方面をめざしましょう。

小淵沢(こぶちざわ)駅でいったん下車したら再び小海線に乗り換え、終点の小諸駅で降ります。

 

懐古園は小諸駅を出てすぐのところにありますよ!

 

ところで小海線は日本のローカル線の中では最も標高の高い鉄道として有名です!

野辺山(のべやま)駅の標高はおよそ1350m!!

八ヶ岳(やつがたけ)の姿がとても綺麗ですよ。

【懐古園を訪ねてみた感想】

小諸へは電車で向かいました。

天気は快晴で、遠くに浅間山の姿がはっきりと見えていたのが印象に強く残っています。

 

小諸駅にはこの街が舞台になったアニメ「あの夏で待ってる」のポスターが並んでいました。

まずは駅近くの案内所で小諸市の情報チェックです!

初めに訪れたのは大手門!

大手門は最近修復された様子でしたが小諸城の名残を感じました。

そこから倉庫や老舗が立ち並ぶ軽井沢街道を通って懐古園に向かいます。

 

懐古園の大きな門から入ると、中にはお土産屋さんや資料館などがありました。

園内で最も印象的だったのは緑の多さです!

公園だけでなく、辺りの山や水田の景色も長閑でした。

小山敬三博物館もたいへん興味深かったです。

日本人によって描かれたヨーロッパの風景画はなんだか不思議。

ここでは印象画として描かれた小諸周辺の景色のポストカードをお土産に購入しました!

 

小諸はとてもリラックスのできる街だと思います。

軽井沢も近いので、近くに来たときは一緒に訪れてみるのもおススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください